TOP成分の知識>どうしてニキビはできるのかについて

どうしてニキビはできるのか

どうしてニキビはできるのかについて考えます

  • どうしてニキビはできるのか

    • 思春期のにきび

      にきびは思春期の男女の顔にできることが多いですね。 これは、脂腺のはたらきが高まる時期で、皮脂が流れ出て汚れがたまりやすくなるからです。
      また脂性だけではなく、角質が厚くなりすぎて毛穴をせまくふさいでしまうことで、皮脂がつまってしまうという 理由からにきびができることもあります。
      眉間や眉毛、鼻の頭、鼻腔周りなどにできやすく、ニキビの第一段階「コメド」といいます。これは、 押し出すと黄白色のかたまりが出てくるものです。これがひどくなると、ニキビの第二段階としては赤く固まってしまいます。 そして第三段階は細菌感染を起こして膿んできた状態です。

      どうしてニキビはできるのか

      にきびのできやすさにも、遺伝関係があるといわれています。
      にきびは「男性ホルモン」の分泌が多くなる思春期に現れますが、 40歳ちかくなってからニキビができるひともいます。
      食事で刺激物を多く取りすぎたり、当分の多いものもニキビができやすいといわれています。 また、ストレスなどの内的要因も肌に現れることもあります。

      にきび対策

      毎日のスキンケアで出来るニキビ対策を紹介します。
      まずは洗顔をきちんとする、これは、石鹸のアルカリ性でしっかりと汚れを落として、雑菌の繁殖をおさえるためです。 汗や皮脂がそのまま残っていると、にきびと反応して膿んでしまうことがあります(にきびの第三段階)。
      次に、化粧水、乳液でケアします。オイルは控えめにし、クリームでもこってりとしたオイルタイプではなく、 乳液タイプのさらっとしたものを使用します。
      これは、ホルモンバランスで肌に脂が多くなっている時期ですので、オイルを過剰に与えないためです。
      また、食事としては、ビタミンB2、ビタミンB6、ビタミンAなどがおすすめです。
      ビタミンB2が多い食品・・レバー、うなぎ、うに、のり、さば、納豆、いくら、たらこ、たまご、まいたけ、
      ビタミンB6が多い食品・・・にんにく、まぐろ、酒かす、かつお、鶏肉、いわし、さんま、あじ、スモークサーモン

    • 参考文献

    ページのトップへ戻る

当サイト内の画像・文章等すべての著作権は当サイト運営者に帰属します。無断引用・転載・転用を禁じます。 著作権について