TOP無添加化粧品の豆知識>無添加化粧品とは

無添加化粧品とは

無添加化粧品とは についてについて学びます

  • 無添加化粧品とは

    • 無添加化粧品とは



      無添加化粧品とは

      無添加化粧品とは

      無添加化粧品とはなんでしょう。
      この呼び方は、昔の制度のなごりなんです。
      2001年3月までは、化粧品にどんな成分が配合されているか、全部を表示する義務はありませんでした。
      厚生省によって定められていた、アレルギー反応を起こす疑いのある成分102種類の成分だけは、 「入っている場合は箱やビンに成分を表示しなさい」と決められていました。

      表示指定成分

      それは「表示指定成分」と呼ばれています。 現在では「旧」の文字がつき、「旧表示指定成分」と変わっています。
      これらの102種類の成分は、人の肌へなんらかの影響を及ぼすとされ、 特別にそれらだけは箱もしくはビンに明記されていたのです。
      その、「表示指定成分」が入っていないものを総じて「無添加化粧品」と呼んでいました。
      しかし、この旧表示指定成分は、目立っていた成分がピックアップされていたり、逆に、指定成分に入らなかった高刺激の成分がまだあったりして、 その後も改定も見直しもされておらず、現在ではほとんど意味の無い分類となっています。
      ですので、当サイトでの「無添加化粧品」の定義としては「旧表示指定成分無添加」は使っていません。
      現在は、「全成分が知りたい」という声が多くなり、 外国では全成分表示という国も多くなるのをうけて、 2001年からは、 指定成分の枠組みは消え、そのかわり、「全成分」表示義務となったため、無添加というカテゴリーもあいまいになりました。
      今ではどの化粧品も、「配合成分をすべて、箱かビンに表示しなさい」と決められています。

      現代の無添加化粧品

      現代ではさまざまなメーカーから無添加化粧品が販売されています。 それはメーカー独自のルールによる無添加の定義がなされており、A社は「旧表示指定成分が無添加」というルール、 B社は「合成香料・着色料・パラベンが無添加」というルール、というように、 各社によってそれぞれの無添加ルールが成り立っています。
      わたしたちはそれぞれのメーカーの説明をしっかりと理解して、選ぶ必要があります。

      news_bottom
    • 参考文献


    ページのトップへ戻る

当サイト内の画像・文章等すべての著作権は当サイト運営者に帰属します。無断引用・転載・転用を禁じます。 著作権について