TOP無添加化粧品の豆知識>肌に良い食べ物

肌に良い食べ物

肌に良い食べ物 についてについて学びます

  • 肌に良い食べ物

    • 肌に良い食べ物



      肌に良い食べ物とは

      肌が求めている食物

      肌のことを考えてよいものを食べたいと考えますが、いったいどういった食事が 肌にとって良い食事なのでしょう。
      人が健康でいるためにはなによりもまず「バランスの良い食事」が不可欠です。 肌に良いからといって毎日3色ビタミンC(レモンなど)ばかりを食べていては肌どころか健康にも良いとはいえません。
      では、肌が求めているのはどういった食事なのでしょう。

      肌質別おすすめの食べ物

      肌トラブルを解決に近づけるためにおすすめの植物が「ビタミン類」です。 ビタミンは体内では合成できないため、食事からとることが必要になります。そのなかでもとくに、 ビタミンA、B、Cがおすすめです。1つ1つみていきましょう。

      ビタミンA

      ビタミンAは、皮膚の角質層を作るときに活躍します。新陳代謝を促し、肌表面を滑らかに維持します。 ビタミンAを多く含むものは、にんじん、ほうれんそう、ブロッコリー、トマト、とりレバー、うなぎ、鶏卵の黄身などです。

      ビタミンB

      ビタミンBは、肌の粘膜を保護するはたらきをします。また、ビタミンB6は皮脂の分泌をコントロールする働きがあります。 肌に油っぽいぼつぼつが多く出来てきたら、ビタミンB6をとるようにしましょう。 ビタミンB6を多く含むものは、玄米、牛レバー、鳥ささみ、豚もも肉、カツオ、しゃけ、納豆などです。

      ビタミンC

      ビタミンCは、肌のコラーゲンを作ったり肌のハリに作用します。 肌から直接働きかけるビタミンC誘導体もあります。 食物でビタミンCを多く含むものは、ブロッコリー、カリフラワー、ピーマン、キャベツ、小松菜、 レモン、オレンジ、キウイなどです。

      news_bottom
    • 参考文献


    ページのトップへ戻る

当サイト内の画像・文章等すべての著作権は当サイト運営者に帰属します。無断引用・転載・転用を禁じます。 著作権について