TOP無添加化粧品の豆知識>レチノールの効果とは

レチノールの効果とは

レチノールの効果とは ついて学びます

  • レチノールの効果とは

    • レチノールの効果とは



      レチノールの効果とは

      レチノールの効果とは

      エイジングケアにおすすめな成分の1つにレチノールがあります。
      レチノールは、ビタミンAの1種です。 最初はアメリカで、1982年「レチノイン酸」がシワが浅くなる、皮膚が若返ったとの効果もみられ、 医薬部品として登場したのが始まりです。しかし、レチノイン酸は、医薬品成分なので化粧品には使用できません。
      その代わり、作用はレチノイン酸より弱いですが、刺激の少ない「レチノール」が化粧品成分として認められています。

      ほうれい線に

      ほおの横のシワ、これは「ほうれい線」というのですが、  以前テレビで実験を見たのですが、興味深い実験をしていました。  幼稚園児に2人の女性をみせて、  「どちらがふけてみえるか」を答えてもらうという実験がありました。
       女性のうち1人は、「眼のしたのシワ」を深く描きました。  もう一人は、口の横の「ホウレイ線シワ」を深く描いていました。  実験結果は、圧倒的に「ホウレイ線が深い女性のがふけて見える」  とのことでした。
       目じりのしわよりも、鼻からほおに向けてのびるシワのほうが、全体的な印象を老けて見えさせるのですね。 ここのシワは、なかなか浅くなりづらいのですが、おすすめする成分は、「レチノール」です。 レチノールは、化粧品成分にすると「パルミチン酸レチノール」となります。 「パルミチン酸レチノール」は、通常のレチノールにパルミチン酸を結合させることによって、  お肌への浸透力を格段にアップさせたパワーアップ版です。 少量でも、効果を発揮してくれます。

      レチノールの種類

      ■レチノール
      ・・・ビタミンAの1種。角質層の保湿性を高める性質がある。コラーゲンの合成退社を促進する成分。
      ■パルミチン酸レチノール
      ・・・ビタミンAの1種。肌の保護作用やニキビの治療などに医療でも用いられる。油分に溶け、水には溶けない。
      ■酢酸レチノール
      ・・・ビタミンAの1種。肌の保護作用がある。欠乏するとニキビや吹き出物が出来たりする。ビタミンA欠乏症の予防や治療に 医療でも用いられる。
      ■トレチノイン(レチノイン酸)
      ・・・ビタミンAの1種。レチノールがさらに酸化されて生成される。角質剥離作用やコラーゲン生成作用がある。

      レチノールの効果

      レチノールはビタミンAの一種で、欠乏すると表皮が乾燥したり、角化の異常が起きる成分です。 油溶性質があり、油には溶けますが水には溶けないので、レチノール配合の化粧品はクリームがほとんどになります。 肝油にはビタミンAが多く含まれ、ビタミンA欠乏を防ぐために肝油が流行した時代もあります。
      ビタミンAが欠乏すると、角質層が乾燥して厚くなり、肌が乾燥して、細胞の抵抗量区も弱まり、細菌感染を起こしやすくなります。 特に冬場のにきびの原因は、ビタミンA不足のことがあります。
      レチノール配合のクリームなどで肌を保護すると、角質層が保護され、滑らかになります。

      news_bottom
    • 参考文献


    ページのトップへ戻る

当サイト内の画像・文章等すべての著作権は当サイト運営者に帰属します。無断引用・転載・転用を禁じます。 著作権について