TOP無添加化粧品の豆知識>ヒアルロン酸の効果とは

ヒアルロン酸の効果とは

ヒアルロン酸の効果とは ついて学びます

  • ヒアルロン酸の効果とは

    • ヒアルロン酸の効果とは



      ヒアルロン酸の効果とは

      ヒアルロン酸の効果とは

      最近ドラッグストアのスキンケアコーナーを眺めていると、 たくさん「ヒアルロン酸」配合の化粧品があって目立っています。 ヒアルロン酸って、いったいどんな働きをしてくれるのでしょうか。

       <ヒアルロン酸のはたらき>

      まず、ヒアルロン酸はその粒子が大きいので、肌の奥までは入らない成分です。  「え?肌の奥にはいらないんじゃ効果ないんじゃないの?」と思う方もいるかもしれません。  いえいえ、そんなことはありません。肌の表面でとどまりながらも、しっかりと効果を発揮します。 肌は極端に乾燥していたり荒れていたりすると、肌の一番表面の部分がスカスカになってしまい、 外からの刺激(汚れや紫外線)をそのまま受けてしまってどんどん肌が荒れていきます。 肌の一番表面の部分というのは、水分と油でバリアをつくって、外からの刺激を直接肌の内部に与えないように、 必死で戦っています。
      この、表面部分にとどまって、刺激を受けないようにがんばるのがヒアルロン酸」成分です。 ヒアルロン酸はすぐれた保湿力があり、水分をしっかりと供給します。  肌表面にとどまるからこそできる、「刺激から肌を守る」「表面の乾燥を防ぐ」というはたらきがあります。
      ■肌表面で→水分を維持して刺激から肌荒れしないよう守る、といった効果が期待できるのです。

      ヒアルロン酸の種類

      そのままでは肌の奥まで届かない粒子の大きさですが、 ヒアルロン酸をナノ化した、肌の奥まで届くようなタイプの、 いろいろな種類のヒアルロン酸があります。

      ・ヒアルロン酸Na
      ・・・一般的なヒアルロン酸。分子量は120万。肌の角質層よりも大きいため、 肌表面にとどまるタイプ。肌の表面で水分をつかんで離さない。保水力がある。

      ・加水分解ヒアルロン酸
      ・・・分子量を小さくしたヒアルロン酸。分子量1万。角質層まで入る大きさ。 肌の奥からコラーゲンを助けて、エラスチンを作りハリを生む。

      ・アセチルヒアルロン酸Na
      ・・・ スーパーヒアルロン酸とも言われ、水分保持力が普通のヒアルロン酸の6倍になったもの。 分子量10万の大きさ。

      ・ヒアルロン酸ヒドロキシプロピルトリモニウム
      ・・・肌表面に吸着して留まるタイプ。分子量 50万〜80万。肌表面で水分を保持する。 非アロベールともいわれる。プラスに帯電させてあるため、洗い流しても吸着し続け、 潤いを持続させてくれる。

      news_bottom
    • 参考文献


    ページのトップへ戻る

当サイト内の画像・文章等すべての著作権は当サイト運営者に帰属します。無断引用・転載・転用を禁じます。 著作権について