TOP無添加化粧品の豆知識>肌荒れを防ぐ成分

肌荒れを防ぐ成分

肌荒れを防ぐ成分 ついて学びます

  • 肌荒れを防ぐ成分

    • 肌荒れを防ぐ成分



      肌荒れを防ぐ成分

      肌が荒れる構造

      肌荒れはどうやって起こるのでしょう。
      過度の環境(空気汚染・空気乾燥・異常な湿気など)による影響で、肌の角質層がこわれ、 または年齢による肌内栄養分の減少により、 バリア機能が働かなくなったとき、肌表面がかさついた乾燥状態になります。 このとき肌はとても傷つきやすくなっており、摩擦や刺激などで肌表面が傷つき、荒れた状態になります。
      また、過度に日焼けしすぎた場合などは、やけどのような症状になる場合があります。 紫外線には十分注意が必要です。
      また、過度のストレスも肌荒れの原因となります。ストレスが多くなり睡眠不足になったり 、食べ過ぎたり、反対に小食になってしまったりと、にきび・ふきでものなど、 肌になんらかの悪影響が出ることがあります。

      肌荒れを防ぐ成分

      肌荒れを防ぐ成分を紹介します。
      まず、植物成分では、植物成分についてのページでも紹介した「 カンゾウ、 カミツレ、 ヨモギ、ユーカリ、 ローズマリー、 トウキンセンカ、 マンネンロウ、緑茶、アロエ、 カンゾウ、セイヨウキズタ、 ハマメリス」などがあります。
      これらの植物成分は、肌を清潔に保ち、肌荒れを防ぎます。

      また、植物エキス以外では、 アラントイン、 グリチルリチン酸(植物由来)等が有名です。 ともに、肌荒れを防ぎ肌を滑らかに整える成分です。 肌が荒れやすい人は、上記の成分を選んで使うことがおすすめです。
      また、肌が乾燥しないように、 朝晩のスキンケアでしっかりと保湿することが大切です(保湿成分についてのページもご覧下さい)。
      *エキスの効能出典:化粧品成分用語辞典(中央書院)

      news_bottom
    • 参考文献


    ページのトップへ戻る

当サイト内の画像・文章等すべての著作権は当サイト運営者に帰属します。無断引用・転載・転用を禁じます。 著作権について