TOP無添加化粧品の豆知識>美白成分の種類

美白成分の種類

美白成分の種類 についてについて学びます

  • 美白成分の種類

    • 美白成分の種類



      化粧品の美白成分の種類

      医薬部外品 美白成分の種類

      化粧品に配合される美白成分は、一般的に美白効果があると知られている成分のことを指します。 その中でも特に、その効果が認められている「医薬部外品」成分があります。
      今回はその中でも、現在(2015年)医薬部外品として認められている美白成分の種類について学びます。

      アルブチン

      別名をハイドロキノンーβーD−グルコピラノシドといいます。アルブチンはコケモモやウワウルシなどの植物に多く含まれます。 チロシナーゼの活性化を抑制して阻害します。

      コウジ酸

      味噌やお酒などを発酵するときにできる成分です。チロシナーゼ活性化の抑制を行います。

      ビタミンC誘導体

      ビタミンCが精製された誘導体です。メラニンの色を還元して無色にする働きがあります。 かつては刺激があるということで、化粧品には上限3%までしか配合できませんでした。 しかし技術の進歩により改良型ビタミンC誘導体ができ、高濃度配合することができるようになりました。

      T-アムチャ

      別名トラネキサム酸です。トラネキサム酸は、メラニン生成を指令する情報伝達物質を抑える働きがあります。

      エラグ酸

      ざくろやユーカリに多く含まれているポリフェノールの一種。チロシナーゼの活性化を抑制する 働きがあります。また、ポリフェノールに含まれるタンニンが、細胞内の脂質の参加を防ぐ働きもあります。

      news_bottom
    • 参考文献


    ページのトップへ戻る

当サイト内の画像・文章等すべての著作権は当サイト運営者に帰属します。無断引用・転載・転用を禁じます。 著作権について