TOP無添加化粧品の豆知識>ローズローションの選び方

ローズローションの選び方

ローズローションの選び方 ついて学びます

  • ローズローションの選び方

    • ローズローションの選び方



      ローズローションの選び方

      ローズローションの選び方

      「ローズ」ローションについて、 最近とても増えてきましたので、少しジャンルわけして説明したいと思います。

      蒸留水100%のもの

      ローズローションといってもさまざまな配合成分が添加されたものがありますが、 バラの蒸留水100%のものがあります。ばら水100%で、保存料も無配合の化粧水です。 バラの蒸留水からだけ作られるので、大量生産ができません。 オーガニック栽培のものや、限定数だけ作られるものなどがあります。

      ローズ水+ハーブのもの

      ダマスクバラ花油やローズ蒸留水に、植物エキスを配合した、ハーブの植物成分100%の化粧水。 ローズ水のみではなく、プラス植物水が入っています。
      バラの恵みだけでなく、それ以外の植物成分の効果も期待できます。 収れん作用や、肌荒れを防ぐ成分をプラスしたりします。肌が荒れやすい人におすすめです。

      ローズ+美容成分配合のもの

      ローズ水にプラスして、ヒアルロン酸や乳酸、トレハロースなどの美容成分を加えてある化粧水です。
      ローズだけではものたりない乾燥がひどいときや、エイジングケアのときはこちらのタイプが おすすめです。

      どれも、ローズのパワーを存分に味わえる化粧水ばかりです。 バラの蒸留水やオイルには、シトロネロールやシトラール、オイゲノール、カルボン酸など、ローズ水を分析すると、とてもたくさんの 保湿成分や抗炎症成分が含まれていることがわかります。
      化粧品の配合成分表には「ダマスクバラ花水」とだけかかれていても、その花水のなかに500以上もの成分が含まれています。 だからローズは、乾燥肌にも合うし、にきびにも合うし、 エイジングケアにも合うのです。
      どんな肌質にも、バラの中の複雑な成分がぴったりと効果を出してくれるのです。 肌力をアップしたいときには、ローズ化粧水がおすすめです。

      news_bottom
    • 参考文献


    ページのトップへ戻る

当サイト内の画像・文章等すべての著作権は当サイト運営者に帰属します。無断引用・転載・転用を禁じます。 著作権について