TOP無添加化粧品の豆知識>肌に合うオイルの種類

肌に合うオイルの種類

肌に合うオイルの種類 ついて学びます

  • 肌に合うオイルの種類

    • 肌に合うオイルの種類



      肌に合うオイルの種類

      オイルの必要性

      夏の紫外線によるダメージは最小限に食い止められましたか? わたしは、ここのところ、肌がかさついて、 少し赤みを帯びてきてしまいました。
      肌の刺激に対して反応を示していると、肌が赤くなってきます。 だから、なるべく肌を刺激から守るケアをするのが いいんですが、 この季節、べったりとしたクリームをつけるのが少々 おっくうですよね。
      本来肌は、天然の皮脂と油分で、肌表面を適度におおい、 自分できちんと「肌クリーム」を作っています。 これが、何らかの影響で、上手に作れていないと、 刺激を直接はだが受け止めてしまって、荒れる原因になります。 ですので、保湿クリームをぬって、 外界の刺激から肌を守るのがおすすめです。 このときに、どういったクリームを選ぶかで、 肌の調子が変わってきます。 でも、なかなか自分の肌に合うクリームって、選びづらいですよね。
      お勧めの選び方は、 「なんのオイルが主成分か」で選ぶのがお勧めです。

      オイルの選び方

       たとえば、
      ★アルガンオイル配合なら
      トコフェロール、リノール酸、ビタミンEが多いことから、 肌のはり対策におすすめのオイルとなります。 アルガン油は、アンチエイジングに、よく使われるオイルです。 浸透性が高いので、肌がしっかりと保湿できます。
      それでいて、肌の感触はさらっとするので、フェイス用に使いやすいオイルです。

       ★椿油配合なら、  
       オレイン酸が他のオイルよりも数倍多く構成されています。人の肌に最も多く含まれる脂肪酸で(約40%)、 肌がしぼんでいる、しみが増えてきた、なんていうときには 椿油がお勧めのオイルです。

       ★ホホバオイル配合は、
      ロウ類が多く含まれているため、肌を保護する力がとても高いです。 荒れてどうしようもないときの保護クリームとしておすすめです。 ロウも、もともと人の肌に含まれていて(約20〜30%)、 これが減ると肌の弾力が減ったり、荒れやすくなったりします。 予防など、肌の保護に優れています。

       こういった、オイルそれぞれの特性から、 今肌に必要なオイル成分は何か、を探すのも楽しいですよ。 また、自分の肌は今どういった状態なのかを、 見極めるのも大切になってきます。
      「そういえば、夏の間は油でぬるぬるしていたけれど、 最近はピリピリとしてカサついてきた・・・・」 なんていう風に、 自分の肌にしっかりと向き合ってみるのも大切です。

      news_bottom
    • 参考文献


    ページのトップへ戻る

当サイト内の画像・文章等すべての著作権は当サイト運営者に帰属します。無断引用・転載・転用を禁じます。 著作権について