TOP無添加化粧品の豆知識>クレンジングの選び方

クレンジングの選び方

クレンジングの選び方 ついて学びます

  • クレンジングの選び方

    • クレンジングの選び方



      クレンジングの選び方

      クレンジングの選び方

      みなさん、クレンジングはどんなタイプのものをお使いですか?案外、なんとなく選んでいて、 実は肌に合っていないものを使っている、なんてこともあるかもしれません。
      クレンジングの種類と、それぞれの適性を考えてみたいと思います。

      タイプ別おすすめクレンジング

      ■クレンジングオイル

      ・・・メイクはもともとオイルをふんだんに使っているため、 同じオイル成分でマッサージして浮かせて、 メイクを落とすタイプです。
      以前はオイル成分が肌にきついといわれていた時代も ありましたが、今では植物由来のオイルが使われており、 明確性も高く、なおかつメイクの落ちが良いのが特徴です。
      たとえば、オレイン酸ポリグリセリルや、 トリイソステアリン酸などの洗浄成分は、椰子の油から 作っています。現代のオイルクレンジングは、こういった 植物原料のオイル洗浄成分にシフトされていて、 肌にも優しくなっています。
      しっかりメイクの方や、すぐにさっと落ちるクレンジングを お探しの方におすすめです。


      ■クレンジングジェル

      ・・・ジェル状で肌にとどまりやすく、メイクにからめて 浮かし、メイクオフするタイプです。
      ジェル状なので肌に密着して、小鼻のまわりやくちびるなど、 メイクが落ちづらい場所にも伸びて、 しっかりとメイクが落ちます。
      感触がとても気持ちよく、みずみずしいのが特徴です。 植物由来の界面活性剤が使われていることが多く、 メイクの落ちもとても良くなっています。
      さっぱりしたメイク落しが好きな方、小鼻の周りまで しっかりと落としたいかたにおすすめです。 毛穴のお掃除にもジェルタイプがおすすめです。


      ■クレンジングミルク

      ・・・乳液状でとろりとしており、肌への摩擦が少ない 肌に優しいクレンジングです。
      なめらかで肌に伸びやすいため、肌への負担がかからず、 とてもやさしい肌さわりになっています。 洗浄成分も植物由来で、やさしく洗い流します。
      オイルタイプやジェルタイプに比べると、洗浄力が や劣りますが、一般的なメイクなら十分落ちます。 さまざまな専門家の方が、ミルクタイプのクレンジングを 薦めているため、現在とても人気があります。
      やはり、肌さわりがやさしいことが人気の所以でしょう。 肌が荒れている方や、敏感肌の方にお勧めです。


      ■クレンジングクリーム

      ・・・クリーム状でやわらかいメイク落しです。
      弾力性がありとてもやわらかいので、肌への摩擦も少なく、 メイクの油分とクリームの油分がまざりあって、メイクを浮かし すっきりとメイク落しが出来ます。
      肌さわりがとてもやさしくて、マッサージするのにも 適しています。 某皮膚科女医さんがクリームタイプのクレンジングを薦めて いることから、人気が出ました。
      油分と水分のバランスがいいため、肌に優しくも落ちがいい クレンジングになります。 敏感肌の方、年齢肌の方におすすめです。

      news_bottom
    • 参考文献


    ページのトップへ戻る

当サイト内の画像・文章等すべての著作権は当サイト運営者に帰属します。無断引用・転載・転用を禁じます。 著作権について