TOP無添加化粧品の豆知識>無添加乳液の選び方

無添加乳液の選び方

無添加乳液の選び方 ついて学びます

  • 無添加乳液の選び方

    • 無添加乳液の選び方



      無添加乳液の選び方

      乳液の役目

      化粧水のあとに「乳液」をつける・・・ 最近このパターンのスキンケアが減ってきました。 化粧水→美容液→クリームといった順番で、 化粧水の後の「乳液」がはぶかれたコスメラインも 増えてきましたね。
       以前は「化粧水と乳液」とセットで売られていたくらい、 2つはいつも一緒でした。
       「化粧水で水分を保湿して、乳液で油分を補給する」という定番のパターンです。 化粧水には油分がふくまれていませんが、 乳液には油分がふくまれているので、 保湿(水分によって肌を潤す)→油分をおぎなう、という意味でも乳液は今でももちろんおすすめするアイテムです。

      乳液の成分

      化粧水は、「水分をおぎなう」ためのアイテム。 では、乳液はどうでしょう。 乳液は、「油分をおぎなう」アイテムで、なおかつ、 プラス「化粧水に配合できない成分」も配合されています。
      たとえば、水には溶けない「セラミド」。 セラミドは肌の角質層をうるおわせるお勧めの成分ですが、 水分には溶けません。
      また、ビタミンCの中には油分にしか溶けない成分もあります。
      こういった、油にしか溶けない良い成分を、 肌にプラスすることができるのが、乳液やクリームなどの オイルが主体となったアイテムです。 水分が与えられた肌に、乳液やクリームで油分をおぎなうことによって、肌の表面をおおって バリアをつくり、ホコリや汚れから肌を守り、肌荒れをふせぎます。

      無添加乳液の選び方

      乳液を選ぶときは、次のことをチェックしてみましょう。
        ・油分の成分はなにをつかっているか
        ・特徴成分は何が入っているか
        ・テクスチャー(肌触り)
      油分は、オリーブオイル、スクワラン、ホホバオイルなど、成分表に書かれています。 比較的、植物性のオイルはさらっとしたテクスチャーです。
      また、どんな特徴成分が入っているかも要チェック。化粧水だけでは補いきれない成分を、 プラス乳液によって、肌に与えたいですね。

      news_bottom
    • 参考文献


    ページのトップへ戻る

当サイト内の画像・文章等すべての著作権は当サイト運営者に帰属します。無断引用・転載・転用を禁じます。 著作権について