TOP無添加化粧品の豆知識>合成界面活性剤とは

合成界面活性剤とは

合成界面活性剤とは ついて学びます

  • 合成界面活性剤とは

    • 合成界面活性剤とは



      合成界面活性剤とは

      合成界面活性剤とは

      無添加化粧品専門店を運営していると、よく、「合成界面活性剤は肌に良くないですよね」、と 言われることがあります。そういうときは、なんとも返事に困ってしまいます。
      そもそも、合成界面活性剤とはいったいなんでしょう。
      まず、界面活性剤、というものについて、順を追って考えて見ましょう。

      そもそも、界面活性剤とはなんでしょう?
      界面活性剤は、水分と油分のような、互いに交わらない物質同士をつなぎ合わせ、溶け込んだ状態にする物質のことです。
      界面活性剤は、水となじむ「親水性」成分と、油となじむ「親油性」成分を合わせて持っています。 この、水と油をまじあわせることを「乳化」といいます。

      化粧品は(とくに乳液やクリーム)油と水を混ぜ合わせて作るために、こういった「乳化」の肯定が必要になります。
      乳化が必要で無い場合は、フローラルウォーター などの水分のみの化粧水や、オイル100%の美容オイル、 また、固形のクリームの場合は、 乳化が特に必要ありませんので、乳化のための「界面活性剤」は無添加・不使用で作られています。
      また界面活性剤は、乳化以外では、顔料などを均一に分散させるための分散剤としてや、エキスなどの可溶化剤としても使われます。

      石けん=界面活性剤

      脂肪酸ナトリウムや脂肪酸カリウムで出来た石鹸は、石鹸自体が「界面活性剤」となります。 一般的にいわゆる「合成界面活性剤」とは、石鹸以外の界面活性剤のことをさすようです。
      この部分が、あまりはっきりと定義されておらず、なにもかもまとめて「界面活性剤」を悪者にしているような風潮が見られます。

      合成界面活性剤とは

      化学的になんらかの反応を経て作られた界面活性剤のことを 「合成界面活性剤」といいます。代表的なのはPEGや、ポリソルベートなど、 おもに物質を乳化(水分と脂分をまぜる)させるために使います。こういった、化学的に作った合成である界面活性剤は、 肌に残り分解されないから悪い、もしくは、肌に傷を作り浸透するから肌があれる、と言われていますが、 これについてはさまざまな憶測が語られています。

      界面活性剤のわかりづらさ

      世の中にあるすべての合成界面活性剤をひとくくりにして、悪者にしている節が見受けられます。
      しかしながら、合成界面活性剤が、こんなにも多く語られる原因には、 「種類の多さ」「わかりづらさ」が原因かと思われます。 陰イオン性界面活性剤、カチオン界面活性剤、両性界面活性剤、ノニオン界面活性剤、アニオン界面活性剤、、、 と、界面活性剤の種類を上げだしたら20〜30では収まりません。
      中でも、「石油由来合成界面活性剤」ではなく「植物由来合成界面活性剤」の違いで選ぶ場合は、 すなおに「植物=ナチュラル」なものを使いたい、という私たちの気持ちがあります。
      できるだけ自然なものを、というのでしたら、天然界面活性剤(レシチンやカゼインなど)を選択するがおすすめです。 (参考文献:美容のヒフ科学:南山堂)

      惑わされずに自分の考えを持つ

      しかし、何千と種類のある界面活性剤をひとくくりにして、すべてを悪だというのはどうでしょうか。
      今一度、自分の「界面活性剤」に対する考え方を見直してみるのもいいでしょう。
      「わたしは自然なものが使いたいから、植物由来の合成界面活性剤だったらOK」、と言う方もいらっしゃるでしょう、 または「わたしは肌に残りやすい化学物質は使いたくないから、合成界面活性剤はすべてNO」と言う方、 「洗い流すようなクレンジングや石鹸ならわたしはOK」という方や、 もっとくわしく「アニオン界面活性剤ならOK」など、 自分ならではの考え方を持つことをおすすめします。

      news_bottom
    • 参考文献


    ページのトップへ戻る

当サイト内の画像・文章等すべての著作権は当サイト運営者に帰属します。無断引用・転載・転用を禁じます。 著作権について